読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキとワクワクが僕の主食

女の子はお砂糖とスパイスと“素敵な何か”で出来ている

松本潤と渋谷すばる

何故、ブログやりたいと思ったかって言ったら、この2人のことを書きたくなったからだと思います。

私が好きなのは、この2人です。

でも冷静に考えてみたら、嵐とエイトという、この同世代の12人の中で、一番両極端にいる人たちなんですよね。

松本潤はこの12人の中で、最もアイドルらしい、アイドル。

渋谷すばるはこの12人の中で、最もアイドルらしくない、アイドル。

たぶん、事務所的に見ても、この2人はその分野では際立っていると思います。

別にいいんですよ。アイドル事務所に所属し、アイドルグループに所属していれば「アイドル」だと思うんです。定義づけるならば。

それでいいじゃないかとも思うんですけど、でも同じアイドルといえど、私は彼らに対して、見るポイントも違えば、期待するポイントも違います。

いわゆる「アイドル」というものに関して、憧れて、さまざまな犠牲を伴いながらも、「こうなろう」と努力してきた潤くん。

きっと「アイドル」というものに向いている素質を持ちながらも、自我と闘い、周りと闘い、自分の道を探してきたすばる。

私は、潤くんに対する要求はたぶん高いです。いつでもビジュアルが整ってないと文句言うし、バラエティで笑顔が少なければ「ん?」って思うし、発言も演技もダンスも歌も…ってなる。天然なところは「天使だから」って思うけど(笑)

けど、すばるに対する要求はほぼないに等しい。お願いだからボイトレをしてくれ、ってことくらい(笑)いくらビジュアルが悪くても、笑顔がなくても、発言しなくても、暴言吐いても…「すばるだから」って思える。

…これ書いてても胸が痛むわ(笑)潤くん可哀相だな(笑)

同じアイドルの応援の仕方でもこんなにも違うなんて、自分のことだけど不思議。まぁ、すばるはまだ蜜月の時期だからなのかもしれないけど。

でもすばるだから、って全部が全部盲目的という意味じゃなくて。「すばるだから、しょうがない」だけじゃなく、「すばるだから、私とは違う」という方にもいく。彼の発言に共感することもしないこともあるけれど、イラッとしたりはしないというね。

まぁ私事は置いといても。仕事のスタンスは違うし、潤くんは社交的だけどすばるは非社交的だし、、、(笑)

でもね、どちらも決して器用ではなくて、むしろ不器用で、すごく繊細で。

ただ、どちらも熱くて男気のある、いい男です!!!(笑)

そう、私はいい男が好きなんです。

この正反対の二人を応援することが、私の日常を明るくしてくれています。

この2人のことについては考察したいこと色々あるので、またいつか書きたいな~。