読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキとワクワクが僕の主食

女の子はお砂糖とスパイスと“素敵な何か”で出来ている

『KANJANI∞ LIVE TOUR JUKE BOX』感想【2大トピックス②:ヨコのトランペット】

関ジャニ∞ DVD

そして次に、私が思うJBツアー2つ目のトピックス。

横山さんのトランペットの初披露。

初日のレポ見て、かなり驚きました。その後、WSで初日の映像見て「あぁ…何とも言えんな」って思ったのも事実です(笑)その後のすばるの「手ぇブルッブルやないか」に爆笑しましたけどね(笑)彼らのフォローが温かくて…。

でも、初日の映像見て「音はいいな」と思いました。曲に合っていて、柔らかい音ですよね。初心者の音とは思えないです。…まぁいい楽器使ってるだろうから、中高の吹奏楽部員の初心者とは比較できないけど(笑)ただメイキングも見たけど、メーカーが分からなかったんだよな~。たぶん、Bachじゃないかなと思うけど。でも初心者だからYAMAHAかな…。

そして、今回のDVDのオーラスでの演奏を聴いて、「あぁ充分聴けるレベル!」と思いました(笑)もう純粋に堪能できましたよ。音もさらに良くなってたし、「青春ノスタルジー」自体が凄く好きな曲なのでただただ楽しめました。ピアノの方に「プロみたい」と褒められたという、オーラスの前日のも是非聞いてみたかったな~!

とまぁ、偉そうに語りましたけど、私はペットの経験はおろか、金管楽器の経験すらないんだけども(笑)まぁ部活やってた時に、友達のペットを借りてお遊びで吹いたことはありますけど、マウスピースすら満足に鳴らないっていう…向いてないんでしょう…(笑)

ただね、吹部出身者としては見る目はシビアになるかもしれないけれど、大変さも人より分かってるんですよ!っていうことを伝えたいんだ!!

まずね、トランペットを含め、金管楽器は音を出すまでが大変なんです!

木管楽器は、最初はもちろん難しいけど、一回音が出せれば割と出せると思います。基本的には、息を吹き込めば音は出ますから、そのコツが分かれば大丈夫なんじゃないかな。まぁ、フルート・ピッコロはそうだけど、他のリード楽器はリードを震わせて音を出すから正確には違うんだけどもね…。でも、動作的には息を入れたら鳴ります。

でも金管楽器っていうのは、マウスピースに唇をつけて、唇を震わせることでマウスピースが震えて音が出るっていう仕組みです。だから難しいんですよね。1回できたからできる、っていうものではない。

そして、金管楽器はマウスピースの大きさと、演奏者の唇の厚さというのが向き・不向きに関係してくると言われています。一般的には、マッピが小さい楽器は唇が薄い人が向いていて、マッピが大きい楽器は唇が厚い人が向いていると言われています。

トランペットはマッピが小さい楽器です。つまり、プルップルの唇持つヨコには不向きな楽器と言えます。だから、絶対大変だと思います。

そしてペット含め金管楽器は、音階を吹く時は運指じゃなく、雑に言うと息の量で音階を吹きます。ペットは3本しかバルブがないからね。高い音、また低い音を吹く時は息の量を増やさないといけない。ヨコの体力は少なくないとは思いますし、これまでも3~4時間のライブこなしてはきてるけれども。でも、息が少しでも切れたら、音が安定しなくなるので、踊った後に吹くのは絶対大変だと思う。

まぁつまりは大変なんですよ!キミくんは!!(笑)だからよく挑戦したなぁと思います。

ただ、私は「頑張っている、ということを評価する」というのはエンターティメントを鑑賞する上では興味がないです。だから過程やその姿よりも、結果のクオリティーでしか判断はしたくない。エンターティメントに関しては何事に対しても、披露するならばある一定の基準は超えてほしいと思っています。

DVDのキミくんの演奏が良かったので、ホッとしました。やっぱり純粋に楽しみたいから。

でも、今後のトランペットの使いどころは…と言うと難しいかもね。シーンが限定されてくるな~って。管楽器って歌えないからねぇ。まぁそもそも、ベース、ドラム、ピアノ、パーカスもいくら口開いてるとはいえ、歌うの難しいんだけどもさ(笑)

まず、ヨコに関しては、ボンゴ始めパーカスも意欲持ってやってほしいのが本音。これは完全にパーカス経験者のパーカス贔屓からの発言だけど(笑)打楽器は、それこそ管楽器と比べたら誰でも音なら鳴らせますけど、音を「響かせる」のはムッズかしいですからね!!!

本人は「リズムは大倉に任せてる」って言ってましたけど。確かにオーケストラや吹奏楽においては、打楽器はリズム隊ですけど、バンドにおいては違うと思う。私は「装飾」だと思ってます。キラキラ感。もう、日本一忙しいパーカッショニストことまたろうさんを初めて見た時、私は感動しましたから。またろうさんのボンゴ叩くと、こんなにも曲がキラキラするのかと。

プロと比べる話じゃなく、パーカスにだって曲を広げる可能性は十分にあるっていうことを言いたいんだ!「宇宙に行ったライオン」だって、ティンパニーがもっと聞こえればさらに壮大になって、かっこいい曲になるよ。あのティンパ、私メッチャ叩きたいもん…(笑)

あと私の中ではボンゴとコンガって、打楽器の中でも一位二位を争う難しい楽器です。私、満足に音出せたこと一度もないもの…。でも、小学校での演奏会でコンガを叩いた時、終了後に聴いていた小学校の先生が私のところに来て、「パーカッション良かったわ~。聴いてて楽しくなったわ。」と言っていただけたのをよく覚えていて。これは完全に私事ですけど(笑)、絶対楽しく叩けるかつ奥深い楽器だと思うんだ、ボンゴとコンガっていうのは。

だから、打楽器とも向き合ってほしいなぁ…。そしたらバンド演奏、もっと楽しくなると思うんです。

もちろん、キミくんのペットを生で聴ける機会があれば聞いてみたいし、ヨコヒナのコラボなんて…感慨深い気持ちになるよね(笑)…まぁヒナのピアノについてはもう何も言うまい。私、ここで暴言ばっか吐いてるし。

亮ちゃんのサックスとかね(笑)亮ちゃん、絶対サックス似合うから!!(笑)絶対かっこいいと思います。亮ちゃんファンも、ビジュアルでまず満足できると思うんだ。これは私が保証します♡細身で170cmくらいのイケメンのアルト(サックス)とか、間違いないからね♡♡

トランペットとアルトサックスはね、イケメンに似合う楽器なのです!一般的にもかっこいいイメージがあるでしょう!その通り!!(笑)

っていうふざけた話は置いといても(笑)、今後の楽器事情は音楽好きとしては楽しみです。