ドキドキとワクワクが僕の主食

女の子はお砂糖とスパイスと“素敵な何か”で出来ている

『KANJANI∞ LIVE TOUR JUKE BOX』感想【Disc2】

では、Disc2!男気対決から!!

●ビースト!!

…好きっ!!(笑)こそっと言うとね、私はフンドシがなくともこちらに投票したと思います(笑)

まず曲が好きですね~。メロディーラインも好きですし、最初のベースとか超かっこいいよね!作曲の方、まだあまり有名じゃないですもんね。よく見つけてきたなぁ。

そして詞。JBという作品で一番変化が見れたのは錦戸さんですよね~。「これ、本当におりょんが書きました…?」っていう。これは「Your WURLITZER」にも言えることなんですけど…この曲については下記で。

これまでの錦戸さんの書く詞、作る曲は一貫して錦戸節が強くて。いい曲だと思うんだけど、純粋に私の好みのものは少なかったんですよね。

それが一転!吹っ切ってる感じでたまらなく好きです!亮ちゃんは非常にクレバーで博識な人だと思うので、この曲はそういう彼の一面が出ている詞だな~と思います。俗っぽい感じがたまらなく好き。

演出に関しても、このダサめなスーツとメガネがいい!求められていることがよく分かっている!(笑)振りも好きだな~サビの振りもいいし、脱ぐ前とかのも超ツボ!歌はリップシンクですよね?私、別に生歌至上主義じゃないんでね、演出含め良ければ有り。でも演奏は生?

丸山さんの登場シーンがかっこよすぎて…!パーマ+重め前髪+黒縁メガネ!!丸ちゃん、本当かっこいい♡(何回目じゃ)錦戸さんの「♪一目惚れ」のわっるい顔が好きです。

MVもかっこいいなぁ~♡やっぱり中村監督の映像好きです!…お願いです、どうかパッチの続編やってくんないですかね…!!中村監督によれば、今回も錦戸さんの監修だそうですね。

勝因は、上記で挙げた演出でトータル的に女性が好きな男らしさ、ファンが求めている男らしさを表現したからじゃないでしょうか。…しかし、亮ちゃんはエッロイ身体してるな!相変わらず(笑)

フンドシの文字が「千穐楽」で大入袋までついてるのが憎いですね(笑)あと、スーツってどういう構造になってるんだろう(疑問)

あとこれは余談ですが、MVのカフェの店員さん役、空手のCMの子なんだね!!梨奈ちゃん可愛いよね~。私もCM流れた時、例に漏れず気になってググったもん(笑)

●狩(仮)

ビーストチームをべた褒めしてしまった後なのでアレなんですけど…こちらも好きですよ!

すばるのスキャット(笑)相変わらずいい声すぎて無駄遣いなのかなんなのか(笑)でもこれに関してはリップシンク

曲としては、本当バラエティーに富んでますよね。行ったり来たりで楽しいです。雨乞いしたと思えば、ヒップホップにいって、ブルース?っぽくなったり。

ただね、演出が良くも悪くも予想通りだったんじゃないかな…と思いますね。フンドシのサプライズ感はそりゃあ異常だけど(笑)、そこが差がついたポイントだったんだろうな~って。MVは合わせ味噌のすばるママが可愛くて…クソッてなりました(笑)

あとは、忠義の「エイタ―、愛してる」ですか。あざといっ!好きっ!

しかし、コスプレ大会でのヤスくんのオチ率は何なのか(笑)スクール水着は、メイキングで錦戸さんが裏で見てて「ヤス、メッチャきしょいやん」って笑ってたのがおかしく仕方なかった。もうそれぞれのコスプレについては当時、写真を見て盛り上がりに上がったのでここでは書きません(笑)

ただやっぱ、渋谷さんのチアは…あの真っ白ですべすべムチムチ太ももを見ると、自分が女として存在してるのが辛くなるわ…。あのコスはヒゲさえなければ、ただの女の子だからな…。

●あなたへ

●へそ曲がり

「あなたへ」の歌い出しがヒナってちょっとドキドキします…。でもいいです、上手いです。タコマイ等でも思いましたけど、ヒナの歌唱については今回私が「ん?」って思うことはほぼなかったです。超忙しいのに歌まで上達している…!この人は本当に恐ろしいな(笑)

ヤスくんが髪型変えて、ツーブロの部分が見えてて好きっす!

でもこの後に「♪立ちはだかる困難に~」ってくるのが違和感。この2曲の流れはちょっと唐突かなぁ。バラードか何かもう1曲は挟んでほしかったかな~。

「へそ曲がり」の冒頭が最高にかっこよくて好きなんだけど、この繋ぎだとこの高揚感が半減されちゃってる気がして。「あなたへ」もその雰囲気に浸る暇もなく、ユニット曲とラストスパートの繋ぎ、っていうちょっと雑な扱いでもったいないな~っていうのが個人的な感想。

●ズッコケ男道

無責任ヒーロー

ズッコケのAメロ~Bメロのギター、かっこいいね!Cメロのブラスの裏打ちもだし、演奏が超かっこいいです!!

ズッコケ~無責任の流れは贅沢だよね~!

あ、ここで気付いたけど、丸ちゃんも分け目変えててかっこいい♡しっかし相変わらず丸ちゃんのファンサは凄いね。投げキッス何回やってたんだ!

無責任の最後、ほぼすばるのソロで笑いました。ヨコヒナのテンション!

「ありがとうエイタ―、愛してます」こちらこそありがとう、いつも言葉をくれて。

●Your WURLITZER

私はJBを聞いた当初から今も変わらず、このアルバムで一番好きな曲です。その曲をほぼ錦戸さん一人で作ったっていうんだから…もうたまらんです。

具体的にこの曲の魅力を説明するには私の語彙が足りませんが、なんかね~イントロからすでにテンション上がる感じ!メロディーラインが超好きです!

そして詞が凄く好きなんですよね。私はひねくれ者だからか、王道の応援ソングって正直響かないんです(笑)でもこの歌は凄く詞が入ってきます。私にとっては落ち込んでいる時に聴きたい曲です。

「ジュークボックス」を擬人化して、その目線からの歌って考えるのが一番自然だと思いますけど。この曲における「僕」の存在は人によってさまざまだけど、今の私にとっては関ジャニ∞である。と、私はこの曲を解釈しています。サビの章ちゃんパートの詞が特に大好きです。こんなこと恋人に言われたら嬉しいよな~(笑)おりょん流石です!

皆さんアルバムを聞いた時点で、演出は想像ついてたと思うんだけど…年下組が演奏してて、最後にすばるが出てきてその後「うぇっさーーい!」、っていう。

確かに想像通りだったけれども、すばるが上がってきた瞬間、思わず「うわっ!」と叫んでしまいました。痺れましたね~。「待ってました!」っていう。やっぱりこの人が一番輝くのはライブ。いつか生で見てみたい。

丸ちゃんが『LIVE MONSTER』で言っていた、Music Manはここでお披露目でしたね!ピックもそれを真似た感じじゃない?今回も本人デザインなのかは分かんないけども…。

各楽器のソロがあり、充分に楽しめるのも嬉しい。

●West side!!

すばるの闇をも切り裂くようなシャウト。シャウトっていうか、改めて彼の声は楽器だよな~と。

なんかね、もう言うことないです。技術より何より彼らの熱が伝わってくるから。始まりの大倉さんの謎の熱い挨拶がここで響きますね!

ここでまたムビステが動くのがいい!サビでお客さんの上を通るのとか、映像として非常にかっこいい!曲と合ってる。

ドラムは前記事でも触れたけど、少々ややこしいかな~と。パターンがコロコロ変わるのは叩くのが大変になるんですよね。

Aメロ入る前のトムとかよく聞こえていいね。あと、落ちサビのスネアがいい味出してるよな~。このスネアのリズムパターンで一気にマーチになるよね。高校時代に板打ちで練習したなぁ~。吹奏楽とマーチは切っても切り離されない縁ですから。身体に染み付いてるリズムだからかテンション上がる。忠義の叩きっぷりも良し!

イントロとアウトロのギターもいいな~!章ちゃんのギターソロもいい!私、記事の中でギターもベースもあんまり触れてないですけど(笑)丸山さんもね、本当しっかり仕事してますよ!あとは詳しい方に任せます(笑)

●レスキューレスキュー

これをバンドでやるか!と嬉しくなった曲。気持ちよくて超かっこいい!しょうがないとは思うけど、この曲に関しては特に2番がないのがもったいなくて!

体力的にも難しいと思うけど、よく忠義がリードしてますね!凄いよ!!

丸山さんがしゃがんで弾いてるのとか超男前よね。

落ちサビ前のすばると亮ちゃん、たまらんね。気まずいスキーとしては今回一番のハイライト!ドラムに関して言えば、ここでフロアが2つ使われてますね。効いてます!トム+フロアじゃなく、フロア+フロアだから出るこの厚み!!

そして、落ちサビの大倉さんの低音が本当にいい味を出してます。このパターン、多いけどやっぱいいんだよな~。

そして、ヘドバンに参加していない横山さんと錦戸さんのシャイコンビがね、それもまた彼ららしくていいのだ(笑)

最後、すばるの「アハハッ…最高」。心の声が思わず漏れちゃったっていう感じがたまらんです。ドエロイ。…ごめんなさい、そっちにしか考えられなくて(笑)でもそうじゃなくとも、この言葉は感慨深いなぁ。

すばるが本当にかっこよくって…なんかもう何も言えなくなる。せっかくブログに書いてるのに(笑)何だろうな~この人が持つ魅力というかカリスマ性というか。それは歌だけでなくて、ステージに立っているその姿だけで成り立つ。それはもう天性のものなんだろうな。

●Eightopop!!!!!!!

これ、この前初めてカラオケで歌ったら非常に楽しかった!ヒトカラでも(笑)原曲の「TOPOP」も大好きなんだけど、歌ってみても改めてヤスくん凄いなと思いました。でも私は「『って!!!!!!!』」の方が好きっちゃ好き。

忠義の顔が限界を迎えていて、落ちサビとかスネア叩きながら死にそうでちょっと心配になります、DVDですけど(笑)

すばるが走りながらメンステに乗ってきた時の笑顔が最っ高。

最後特効とズレたのはガクッときたけど、忠義がスティック投げ捨て、ドラムに倒れこんだの見てグッときました。そりゃあ、ライブ終盤に4曲、全力でドラム叩き続けたらなぁ!他の6人もそうだけど、全力な姿を見て、「あぁこの人たちを好きで良かったな」って思えることの幸せ。

●All is well

章ちゃんの挨拶。ホンマに章ちゃんって男前だよな。世界一男前。「みんなのこと幸せにするから」の前の「大丈夫やから」の声色が凄く好き。声フェチなんです(笑)

実は、アルバムで聴いた当時は純粋に曲調として好きになりきれなかったんですよね。でも、少クラで彼らが歌っている姿を見て「あぁいい曲だな」って素直に思えました。

そして今回この映像を見て、さらにこの曲が好きになりました。Cメロと落ちサビ前のメロ(Dメロ?)が特に好きだな~。この曲はユニゾンもだし、各人のソロパートがしっかりあるので、たっぷり堪能できて嬉しいですよね。

歌い出しのすばるの声が柔らかくて好き。「音に何かが乗っかって」は罰ゲーム見てからだと「やすば…♡」ってなりますね。

サビ前の信ちゃんとか、凄くいいですっ!「うまっ!」って思わず言っちゃいましたからね!そんなの初めてかもしれない(ごめん、ヒナちゃん)。この人は色んな意味で恐ろしいな(2回目)

落ちサビの忠義がいいですね~。忠義の声は本当にいいアクセントになるし、ここぞという時のたっちょん!って感じですかね。それに続くすばるの「愛してる」からのソロも、彼が歌わないと味わえないこの高揚感。

ピアノ弾きたくなりますね~。夜ふかしで、コンビニのコピー機でこの楽譜が買えるとやっていたので買おうと思いまする。

ヨコも「また逢おうね」のイントネーションが好きです。

●アンコール

すばるのこの衣装が相変わらずシュールすぎて(笑)顔から上半身までは超男くさいのに、白い太ももは本当にね、何なの(笑)

ピンでの登場は本人も楽しんでましたが、実を言うと私はファンになる前から元々すばるの顔がドストライクでタイプなので、まじまじと見られて嬉しいです(笑)

毎度ながら、横兄ぃに対して当たりが強い錦戸さんの図が好きです。「おい、男気で対決してきたんちゃうんか!女々しいぞゴラ!」とかね、字に起こすとただの輩だからね(笑)

イッツマイ~モンじゃい。すばるが歌でこんなにふざけるのはなかなかないですよ。貴重です。それだけテンションあがってるんだな~!それもまた嬉しくて!

ストリングスさんが「モンじゃい!」ってやってるのが可愛いね。

ヒナのセブンうちわ(爆)

 ●エンドロール

「ここにしかない景色」はエンドロールにぴったりの曲だね♡おもてなし課は見てないんだけど、エイトのタイアップ曲の中でもピッタリ度でいったら一番なんじゃないかなぁ。

と、いうことで本編はこんな感じ!

ごめんなさいね。完全にすばるばっかりで。でも、今回終始キュンキュンしていたのは丸山さんです。まうたん!セクシーすぎだよ、バカ!

もう純粋にコンテンツとして最高でした。

10周年楽しみだねっ♡♡