読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキとワクワクが僕の主食

女の子はお砂糖とスパイスと“素敵な何か”で出来ている

横山、フリューゲル買ったってよ

昨日(5/22)のレンジャー日記読みました。

あぁ~すばちゃん、また風邪ひいちゃったのか、気まずいよ気まずい、とかさ。

あぁ~クローバーはもうクランクアップ間近なんだ、とかさ。

あ、大倉さんまた咲ちゃんのこと褒めてますね。距離は縮まらないけど(笑)

8歳年下の女の子を「尊敬している」と言える大倉さんって素敵だな~と思いますし、彼女の仕事に対しての姿勢や内面をちゃんと捉えているんだろうなとも思います。

というのも私も咲ちゃんのこと好きなんですよね。咲ちゃんのことは決して詳しいわけじゃないし、ちょこちょこ見るお芝居も凄く上手いともいえないんだけど(私はもはやオ○カーに演技力は求めてないけどね)。

彼女は凄く正直な人だなと思います。その姿に好感を持ちますね。

女優さんって絶対大変だと思うんですよ。まぁ大変っていうのは人によって違う価値観だけれども。

でも私とほぼ同世代、ハタチそこそこの女の子が、何言われてもニコニコして、常に綺麗で居なくちゃいけなくて、大人の言うこと聞いて、スキャンダル起こさないように、イメージ崩さないように、女性ファンが多い俳優・アイドルの相手役になれば問答無用で叩かれて、、、絶対大変。

それが仕事なんだけどね。でも自分の中で折り合いつけないとやってられないと思う。

咲ちゃんはそういう部分で、媚びずに自分の考えを自分の言葉で話す人なんだなと思ったのが、2012年の嵐ちゃんシェアハウス(末ズ回)。時に生意気と捉えられるだろうけど、媚びずに意志を貫いている彼女は羨ましいし、魅力的だなと私なんかは思いますけどね。

…いけない、本題からずれた。まぁクローバー楽しみにしてるよってことで。

そしてですよ、本題。

横山さん、フリューゲルホルンを購入したそうで…。

最初の感想は「…早いな」でしたけど、率直にね!

JBのMCで言っていた「他の管楽器制覇しろ!」がこんなに早いとは思いませんでしたけどね!うん!早いよ、横山さん!

先に断っておくと、前記事でも言ってますが、私はトランペットはおろか金管楽器は未経験です。ただ、中高合わせて6年間を吹奏楽に捧げていた人間なので、大抵の管楽器の基礎知識はあります。

f:id:yuki922:20140523102850j:plainえーっと、画像のサイズは揃えてません(笑)

フリューゲルホルンの方がだいぶ大きく見えますが、実際はそんなに変わりませんね。

ホルンとは名ばかりで、形状としては画像で分かる通りトランペットと似た形です。ピストンも3つで、運指もトランペットと一緒ですね。でも誕生の経緯はそれぞれ違いますし、一色単にすると専門の方に怒られるので(笑)、飽くまで別物です。

でも音色に関しては、トランペットよりホルンに近いです。低音が効いていて、深みがあって柔らかい音色ですね。ペットのようにキラキラと華やかでパーン!という感じではないんですよね。でも私はフリューゲルの音色が凄く好みです。

フリューゲルはオーケストラではあまり使われない楽器だから馴染みが薄いのかもしれません。ジャズとか吹奏楽では使われることがよくあります。

中高の吹奏楽部においては、フリューゲルホルンを使用する曲をやる場合、トランペット担当の子が演奏するのが一般的です。中学の時は指導者にプロのトランペット奏者が居たので、その方が所有しているフリューゲルを借りて、ペットの子が演奏してましたね。高校の時はフリューゲルがなかったから、フリューゲルのパートはペットで代用してたしな…。

知り合いのプロのトランペット奏者の方々は、皆さんマイフリューゲル持っていましたね。あとコルネットとピッコロトランペットっていうのもありますし。ペット吹きはそこら辺も吹けるのが当たり前田のクラッカーってやつです(どうした)。

まぁ要するに、ペットが吹ける人なら吹くことができるのがフリューゲルホルンと言えると思います。

でもペットに比べたら汎用性は少ないかなぁ。私は好きなんだけど。だから私は、横山さんジャズでもやりたいのかしら…と思っていますが。

で、「早くない?」と思ったのは、まぁ正直トランペットだってまだまだだからね。それにフリューゲルは息をたっぷり使って吹く楽器だという印象なので、あのペットの音の細さから考えるとなかなかまた難しいと思うのよね。アンブシュアも多少は変わるでしょうし。

まぁ本人の文章からして、もちろん見てもらうために買ったんでしょうから、いつか披露してもらわないとね!

あぁ~合奏したいな~。音楽ってやっぱり聴くより演奏した方が絶対楽しいし、仲間と一緒に演奏した方がもっと楽しいの。最近の横山さんを見ると、忘れかけていた気持ちを思い出させてくれるので嬉しいんですよ。

ありがとう、キミくん。聴ける日を楽しみにしてますよ!!