読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキとワクワクが僕の主食

女の子はお砂糖とスパイスと“素敵な何か”で出来ている

『味園ユニバース』新キャスト発表

渋谷すばる主演『味園ユニバース』がクランクアップ。新キャストも発表

ぴあ映画生活 7月18日(金)10時0分配信

関ジャニ∞渋谷すばる主演し、二階堂ふみが共演する映画『味園(みその)ユニバース』が7月上旬にクランクアップし、共演者の名前が解禁になった。

映画のタイトルになっている“味園”は、大阪の千日前にある飲食店や宴会場、マッサージなどが入る歓楽ビル。そこにある“ユニバース”はかつてキャバレーだった場所を貸しホールにしており、ライヴ会場としても使用されている。映画は、ある広場でバンドがライブをしていると、記憶のない男(渋谷)が乱入してきたことから、バンドとマネージャーのかすみ(二階堂)は、“ポチ男”とあだ名をつけた謎の男と行動を共にするようになり、ポチ男はやがてバンドのボーカルを務めながら、失われた過去に迫っていく。

このほど発表になった情報で、劇中に登場するバンドが、大阪を拠点に活動を続ける“赤犬”であることが明らかになった。彼らは本作を手がける山下敦弘監督と同じ大阪芸術大学の卒業生で、劇中では“赤犬”役で出演し、渋谷演じるポチ男をボーカルに迎えてライヴシーンを披露する。また、二階堂演じるかすみや赤犬メンバーと仲の良い、派手でセクシーな女医マキコを鈴木紗理奈が、ポチ男の過去に深くかかわるチンピラ、タクヤをお笑いコンビ・天竺鼠川原克己が演じることも発表になった。

『味園ユニバース』
2015年2月、全国ロードショー

 

鈴木紗理奈、9年ぶりの映画出演へ!「関ジャニ∞渋谷すばるを診断する女医役に

cinemacafe.net 7月18日(金)10時0分配信

関ジャニ∞」の渋谷すばるが単独・映画初主演に挑み、モスクワ国際映画祭「最優秀作品賞」の『私の男』や賛否両論の『渇き。』でも話題を呼んでいる二階堂ふみがヒロインを務める『味園ユニバース』。このほど、本作の脇を固める共演陣に、大阪を活動拠点にするバンド「赤犬」、鈴木紗理奈、お笑いコンビ「天竺鼠」の川原克己という超個性派キャストが抜擢されたことが分かった。

大阪のとある広場でおこなわれていたバンド「赤犬」のライブ中、突如、若い男(渋谷すばる)がステージに乱入し、マイクを奪って歌い始める。会場は一時騒然となるが、男の歌声は観客を圧倒。ライブ後、「赤犬」メンバーとそのマネージャーのカスミ(二階堂ふみ)は、その男に何者なのか問いただすが、男は記憶喪失だという。彼の才能に興味を持ったカスミは、“ポチ男”というあだ名を付け、やがて「赤犬」のボーカルに迎える。だが、彼の失われた過去とは…。

劇中で、渋谷さん演じる記憶を失った“ポチ男”に突如ライブに乱入され、二階堂さん演じるカスミがマネージャーを務めるバンド「赤犬」は、20年間、大阪を拠点にして活動する、知る人ぞ知る実在のバンド。ブラス、バイオリンを含む14名編成のメンバーで、本人たちがそれぞれ自身を演じている。

POPでありながらブラック、ロックから演歌まで多様なジャンルを網羅し、それをさらに古今東西、老若男女が楽しめる歌謡曲スタイルに昇華させ、聞かせて魅せる、文字通りのエンターテインメント集団。日本最大級のロック・フェス「フジロック・フェスティバル」などにも出演するなど、その人気は関西にとどまらず、全員そろって、本作の監督を務める『苦役列車』『もらとりあむタマ子』の山下敦弘と同じ、大阪芸術大学の卒業生でもある。

ポチ男やカスミとの日常のやりとりでは、可笑しみのある「赤犬」メンバーならではの素朴さでストーリーに温かみを加え、ライブシーンでは、「関ジャニ∞」でメインボーカルを務める渋谷さんが放つ圧倒的な歌声やパフォーマンスをさらに盛り上げつつ、オリジナリティあふれる“赤犬色”も打ち出している。

また、ポチ男の記憶喪失を最初に診断する、女医マキコ役には、映画出演が『ナニワ金融道~灰原勝負!起死回生のおとしまえ!!』以来、約9年ぶりとなる鈴木紗理奈。カスミや「赤犬」のメンバーとも仲がよく、愚痴を聞きながらなだめたり笑い飛ばしたり、時には背中を押してくれる良き理解者役を、派手でセクシーな白衣姿で演じている。

鈴木さんは「めちゃ×2イケてるッ!」などバラエティでの活躍が知られているが、2003年からは「MUNEHIRO」名義でレゲエシンガーソングライターとしての活動も開始し、ハスキー・ヴォイスで力強いライブを行うアーティストとしての顔も持っている。

さらに、人気お笑いコンビ「天竺鼠」のボケ担当・川原克己が、渋谷さん演じるポチ男の過去に深くかかわる狡猾なチンピラ、タクヤ役に。「天竺鼠」といえば、唯一無二のシュールな世界観で展開するコントと漫才で、第30回ABCお笑い新人グランプリ「最優秀新人賞」受賞、第35回ABCお笑いグランプリでは優勝を果たし、キング・オブ・コントでは08年、09年、13年の3度、ファイナリストに残るツワモノ。映画出演は小藪千豊主演の『FLY!~平凡なキセキ~』以来、2度目となる。

まさに、“強烈個性”という言葉がピッタリくるこの共演陣。圧倒的な実力を持ちながらも、歌以外のすべての記憶を失った男を演じる渋谷さん、その男を見守る二階堂さんと、どんな化学反応を見せてくれるのか、ますます楽しみになってきた。

『味園ユニバース』は7月上旬、オール大阪ロケを終えクランクアップ、2015年2月より全国にて公開。

 

遅ればせながら、

映画『味園ユニバース』の新キャストが発表されましたね。

一番気になっていたバンドのメンバーの配役は、「赤犬」という実際に存在するバンドをそのままあてがったそうで。うん、納得です。

音楽映画は、何より実際に映画の中で鳴る音に説得力がないと成立しないと思うので、そういう意味ではバンド自体が基盤ができているのならば、質の高い音楽が聴けると思いますから。

赤犬さんについては、名前だけは聞いたことあったと思うんだけど、勉強不足で全然知りませんでした。大阪で活動されているんですね。つべで何曲か見ましたが…まぁぶっ飛んでます(笑)

14人の大所帯だそうで、ブラスがいるんですね!(ウィキによるとトランペット、トロンボーン、テナーサックス)実際に聴いても、ブラスがいるからサウンド的には完全に私好みでした(笑)

もう20年以上のキャリアがあって、皆さん40代前後ということです。この映画は「青春」とまではいかなくとも、若者にフィーチャーした感じの作品かなと思っていたので、ちょっと意外でした。まぁ舞台は「歓楽ビル」ですし、確かに青春感はないか。

それこそ山下監督の『リンダリンダリンダ』は青春がテーマでしょうし(未見ですけど)、同じ音楽映画ならまた違う方向性に行くのは必然でしょうか。

映画の中で使われる音楽は赤犬が作ったのか分かりませんし、今のところジャンルは分からないですけど、音楽面では期待が高まるばかりです。

あと、紗理奈さんに天竺鼠・川原さんという、何ともまぁ大阪色が強いキャストですねー。

しっかし、ふみちゃんはメッチャ忙しいですね。映画が立て続けに公開になっていますよね。『私の男』は観たいんだけどなー。もうやってないのかな?ふみちゃんが凄くキレイだったから興味ある。

で、私はこの映画を「単館系だろう」と言ってましたけど…まさかの東宝\(^o^)/ちょ、ジャニを侮ってたぜ\(^o^)/

ふはっ、心配事が増しますね。いや、お亮とか忠義だったら気にしない部分が気になるじゃん…か。

まぁいいや。きっと!きっと!(笑)

サントラが出るでしょうからそれが楽しみだーい!!

今後は公開間近まで、あまり情報は出てこないでしょうし…あと半年とかですか?

あー何だかんだ言っても早くポチ男に会いたいなー。会いたい。

とりあえず、渋沢さんと他6人に会ってきまーす(いつになるかまだ分からん)