読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキとワクワクが僕の主食

女の子はお砂糖とスパイスと“素敵な何か”で出来ている

20140725『ミュージックステーション』「エイトレンジャーメドレー」

なんでさ(唐突に始まる)、

「エイトレンジャー」名義なのに、「ズッコケ男道」と「T.W.L」のメドレーだったんだろう…。設定も何もないな…っていう感想。

「∞レンジャー」~「ER」~「ER2」じゃないかと思ってたから、ちょっと期待外れだっただけなんですけどね……。

まぁ「ER2」をフルでやらせてもらえましたから、充分ですけどね。ありがとうございます!

 

気を取り直して、メインの「ER2」

私は確かここで「サビは前作よりインパクト薄いけど…」と書いた記憶がありますが、

いや!やっぱ「ER2」はサビが凄くいい!!

むしろ「♪奪い合って~」を聴く為にそれまでがあるというか、その高揚感が素晴らしいんだなと。

ただ今回のパフォーマンスは、そのサビが「かぶせ」だったんですけどね。いや、別にいいんだよ。私は生歌至上主義ではないので、パフォーマンスとして良ければいいんですけど。でも『音楽のちから』では、生歌成分が多くてもバランスがとれていて良かったので、やろうと思えばできると思うからさー。

何よりそれがあるから、サビの部分に合わせて他部分もマイクの音が絞られていたので声量が小さかったんですよね。これが非常に残念。

すばるも冒頭のソロで、ちょっと歌いにくそうにしてた気がする。

だから歌だけ聴けば、皮肉にも『音楽のちから』の方が良かったかなぁ。そっちもサビは歌入りではあると思うんだけど、その成分は少なくてちゃんと生歌が聞こえてきていたので。

いや、私は2012年Mステスーパーライブの「ER」のパフォーマンスが大好きなんですよ。

あの出来は過去のMステでもベスト3に入ると個人的には思っています。あの時のすばるは最高だった…。だから今回、期待感がいつもより大きかったのかもしれませんね。

私がすばるの歌が好きな理由のひとつに、滑舌が良いことが挙げられるんですね。しっかり歌詞が聞こえてくる歌い手が好きなので、「ER」も、そして今回の「ER2」もすばるのそういう部分が楽しめるので非常に好きなんです。

 

1番Bメロの「♪順応性が仇になる~」が、すばる・亮ちゃん・ヤスくんの3人の音程、音量含めたバランスが非常に良い!この組み合わせ好きですねー。メロディーと合っているなーと。この割り当てにした人、大正解!(笑)

その後の「♪Wow…Nobody Knows」の振りがダッサいのがこの前から気になってました…。いや、振り自体がダサいっていうのは語弊がありますが、多分、リズムの取り方と手の回し方が微妙だとかっこ悪いんだろうな…パッと見る限りヤスくんは凄くかっこいいもん。手の回し方というか回数がひとり違う。

丸ちゃんの「♪生命誕生以来~」は、まぁ難しいよなー。生歌でガッチリはめるには。音源では加工しているし。

2番のヒナとヨコのソロパートは、それぞれがラップとはいえ、生歌で音程とリズム両方ほぼ違和感なく聴けるようになったのは感慨深いなぁ。かっこいい。

そのヒナパートの「革命家を欲しては出る杭をガツガツ打つのが世の常」という歌詞が、最近考えていたこととリンクするので好きです。W杯の本田に対してのバッシングで、それをひしひしと感じていたので。「世の常」は「日本の世の常」だよな。

その後の「♪先天的 捻じ曲がった~」もさすがは錦戸パイセン。きっちりはめてきていますね。

間奏の手を組むダンスが、章ちゃんが大倉さんと丸に挟まれて身長的にちょっと厳しそうだった…。

「命懸けぐらいじゃなきゃ いつまでも何も変わらねぇ」

これ、結構難しいんだなーと、今書きながら口ずさんで思いました。リズムの取り方もそうだし、これをちゃんとひとつひとつ聞こえるように発するのは難しい。やっぱり、すばるは凄いなー。

でもその時、他6人がすばるに向いて跪いているのがちょっとおかしくて(笑)

これ大サビで「♪どうしようもなく情けない」ってメロディーが変わるのがかっこよくて好き。

結果、私この曲好きだわ(笑)

そういえば、珍しく忠義のソロがないんだね。ヤスくんはまぁハモリに徹することはよくあるので分かりますが、忠義は下ハモですかね?

 

ズッコケは、冒頭のすばるソロの「♪あたってこーぜ もっと!がメッッッチャかっこよくてキュンとした(笑)

で、問題の「T.W.L」ですよ…。

すばるがファンサしてた………。

これ結構な衝撃でした。叫んでましたもん、あたし。

目の前の女の子の頭をタオルでペシッて…ペシッてしてましたね…きゃあああ!!!

番協の方の呟きを見たら、映ってない間もずっとペシペシしてたっぽいね。そして、帰り際にはタオルをその子にあげたらしいですねー。メッチャお気に召してるじゃん!

わー♡すばるそんなことするんだ…。クッソ、何てことしてくれるんだ!破壊力抜群じゃん!!

いいですね、その子には絶対いい思い出になっただろうなぁ。可愛い子だったのかが気になる♡タイプだったのかと思って(笑)個人的にはその子が軽く避けてたのがツボでした。遊んでるよ!すばると遊んでるよ!と思って。

あー妄想が捗るわ。ペシペシされたい…ペシペシ…(頭おかしくなってきた)

いや、歌の前から「あぁ今日はダメ日か…」と思っていたので、なんか余計に嬉しくて。

まず、歌になったらスイッチ入ったことにホッとして。歌唱自体も良かったし。

番協の方の呟きでも「不機嫌そうだった」「歓声にうるさい!って口パクで言ってた」とあったので、尚更、ファンとの交流があったことが嬉しかったんですよね。まぁむしろ不安定だったから、それがあったのかもしれないが…。

やっぱり歌終わってからは落ちてるみたいだったし、とにかく歌には集中力高めてくれたんだなと思ったらたまらんかった。

しっかし、あの革のピタピタ税金スーツを着て、このクッソ暑い中外で歌わせるのはなかなか酷だったね。汗メッチャかいてたじゃん。

番協さんも熱中症とかなければいいけど。

皆さん、お疲れ様でした。

 

今回、精華女子が参加していて、「お?エイトが吹奏楽ブームを作ってくれたか?」なんて(笑)

精華女子は吹奏楽界では有名なんですよ。さすがタモさんもご存知だったみたいですけど、福岡ですしね。私ももちろん知ってます。今年の2月にCDデビューしてるんですよ。高校の吹奏楽部としては異例中の異例です。その影響で今回出演となったと思うんですけど。

マーチング形式だったので、ガードがいて(AKBの後ろで旗持ってた子たち)、懐かしくなりました。中1の時にマーチングの大会に出たので。

アナ雪メドレーは良かったですねー。私、映画はまだ観てないんだけど…。なんか周りから聞くから、歌もストーリーも何となく分かってきちゃったし…。

沙也加ちゃんの歌は素晴らしかったんだけど、その前にお母さんに負けず劣らずのぶりっ子具合が凄いなと(笑)いや、私嫌いじゃないんですけどね。あれも能力のひとつだよなー。

メイジェイ(あえて)は色々言われているし、私も松さんの方がいいなーと思ってたんですけど…英語ver.の方が断然いいじゃん!『音楽のちから』でも思ったんですけど、今回で再確認。感情が乗せやすいんでしょうね、こっちの方が。

そもそも、日本語ってメロディーに乗せるにはあまり向いていない言語だと思うので。ましてや今回は原曲が英語なわけだから、彼女のようなルーツを持つ人には特に歌いにくいんだろうなーと思って。

それに曲としても「Let it go」は原曲の方が断然いいと思うわ。

いつもサビの最後の「♪少しも寒くないわ」がピンと来なかったんですよね。映画の流れで聴いたら違うのかもしれないけど(未見ですから)歌単体で聴くと、何か含みはあるけれど…しっくりこないなっていう詞だと個人的には思っていて、引っかかってたんですよね。

でも英語版では、その部分は「どうせ私には寒くないんだから」っていうニュアンスなんですね。これ全然違うなーと思います。この詞だと、最後のこの部分が氷の女王エルサの自虐的な台詞になって、哀愁が漂いますよね。

DVDで借りて観るなら、字幕の方にしようと思いました。借りる予定は今のところないけど…(笑)

BUMPはまだ観れてないので、後日観ようっと。

 

まった、言いたいことgdgd書くだけになってしまいました、はは。

あ、ふんどし60秒ver.見れた!

最後に、アラレちゃん帽は必要だったのか…。可愛いけど。