読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキとワクワクが僕の主食

女の子はお砂糖とスパイスと“素敵な何か”で出来ている

嵐×丸ちゃんの化学反応やいかに

「100歩ゆずって痩せたとしても北川景子にはなれないです!」

9/20『スバラジ』

そっか…痩せても北川景子にはなれないのか…。

金麦のCMの景子ちゃんが美人すぎて、見る度に「生まれ変わったら北川景子になる(真顔)」って言ってる私ですが…今の『MORE』の表紙の景子ちゃんも可愛すぎて本屋で二度見したもんな。

…知ってるわ!痩せてスタイルがよくなったところで、顔は北川景子になれないことなんて知ってるんだよ!!クソ!!!

自分らしい自分ってなんですか!すばるくん教えて!今の私は完全迷走中なんで(笑)もうなんかどんな格好したら似合うのかとか分からないよ(;´Д⊂)

あとね…楽という理由だけでの坊主は辞めようぜマジで。貴方は一応アイドルだから。本当誰かガツンと言ってやってよ……。

バリカンまで買っちゃって…本格的に坊主の道まっしぐらじゃんかよ!伸ばそう!!お願いだから!!!誰かすばるの家にあるバリカン捨ててくれないかな!!!!私は今のコンディションならオカッパ期の方がマシだぜ!!!!!

ジャニーズソートをやってみた

巷で話題の【ジャニーズソート】をやってみました。御存じない方はググれば出てくると思います。ひたすら2択で選んでいくので、後半面倒くさくなって適当になりましたが(笑)9月23日現在の30位までの結果がこちら。

f:id:yuki922:20140923152752j:plain

ベスト3は納得の結果でホッとしてます。自担はワンツーじゃないと困るし、隠れ大倉担としては次点が大倉という結果で良かった。

キスマイが軒並み高いのは、先日キスマイのDVDを観たからというのはあるでしょうが(後日書きます)、まぁキスブサ含め歌番組も何だかんだ毎回見てるもんなーというね。

光がトップ10に入ってくるのも意外。好きだったのは10年以上前だよ!直観だと光を選ぶんだなー私は。

あと意外どころだと、翔さんとお亮をおさえて仁がまさかの14位ということでしょうか。自分でも無意識に仁を選んでいることに驚いたわ。

今回の結果は、私の容姿の好みが色濃く反映されていると思うんですよねー。深く考えずに直観で選んでいくと、頭に浮かぶのはやっぱり顔だからそれで選んでいく傾向にあるなーと。迷ったら顔だったわ。もっと真剣にやったら違う気がするよ(適当)

あと、何よりやっぱりステージに立ってる姿を思い浮かべるので、そういう意味で仁は強いんだな。私の中で。あの人はやっぱ色んな意味で特別だ。

あ、スマ兄さんがひとりも入ってないなぁ………。

私は何も考えないで適当にやりましたが、「容姿だけ」とかテーマ決めてやったら事務所担以外の方がやっても面白そうですね。

9/20『嵐にしやがれ』ゲスト:丸山隆平葉加瀬太郎

丸ちゃんがひとりでしやがれに来るなんて感慨深いねぇ。2年前の時とかガチガチだったもの…。でも、まだゲストが秘密の体制の時に、はらちゃんの時期に「丸が来るんじゃないか?」って予想していた回があったんだよね(その回は結局大泉洋ちゃんがゲストでした)

関ジャニ∞イチの暴走野郎こと丸山隆平(笑)との嵐メンバーの絡みとは…。

・進行は義堂ちゃん(^ω^)

嵐メンに「アイツ」と呼ばわりされる丸山さん…

・ファーストコンタクトは嵐さんのお決まりスルー作戦

・なんで「アースッ!」なの、まうたん

f:id:yuki922:20140923192912j:plain

「どうしたのその手」「あの、鬼の手なんですね」「何、スベりすぎると左手が鬼の手になるの?」「鬼スベりだね」鬼スベりって…

「今日は鬼の手を封印して、僕が鬼となって、親睦を深めたいと思ってるんですよ」

【親睦を深める】がテーマなんですね、そうですか。

私が見た嵐メン×丸ちゃんを書きますが、

大野×丸山:2009年『歌のおにいさん』からの仲。たぶん大野さんが唯一と言っていいくらい可愛がっている、仲の良い後輩だと思うんだよね。そう「後輩」。

2010年『フリーター、家を買う』チームで『VS嵐』に出た時のエピソードが一番記憶にあります。潤くんが振るんだよね、「丸さ、リーダーにお説教されたことがあるんでしょ?」と。そして、「(フリ家の役に困っているという話をしたら)『お前、役に困ってるんだったらこんなとこで飲んでねぇよ』って怒られました」と。

「俺ら11年くらい一緒にいて、一回も怒られたことないんですよ」と嬉々と語る潤くん。そうです、私が言いたかったのはここ!!嵐では大野さんは一番年上かつ先輩ですが、Jr.時代は置いといてもデビューしてからはメンバーを「後輩」扱いすることは皆無です。まぁ弟みたいに「可愛いな~」と思ってるんだろうなと感じることはありますが(特に末ズに対して)、後輩とは思っていないと思う。これはデビュー組あるあるかもしれません。

要は、丸に接する大野さんの「先輩感」が嵐内では感じられない姿なので非常に萌えるっていう話です。大野×丸山×大倉の飲み会では盛り上げ役らしい智とかね(2010年少プレでの大倉談)

智くんの丸ちゃんに対する雑な扱いが好きです(ノ∀`)アドレス教えてないらしいけども(ノ∀`)

櫻井×丸山:2012年、丸が初めてしやがれに来た時にぶっこまれた「櫻井翔から異様な視線を感じる」の件。翔さんの丸好きは確かに異常だ。まぁ翔さんの性質上、こういう理解の範疇を超えるような人が好きなのは分かるんだ。でも見ているだけだと思っていた。それがこうなるなんて…。

f:id:yuki922:20140923231625j:plain

すっかり忘れていたのだ。この人が男子校出身であるということを。

なんか、久々にこういう翔さんを見た気がするなぁ。絶頂期は2007年やまたろ期~2009年頃までかな。私は後追いではありましたが、あの時期のニノちゃんに遊ばれふざけまくる翔さんが非常に好きです。『嵐の宿題くん』きっかけの嵐ファンだと自認している私は、翔さんのこういう姿を久しく見ていなかった気がしてなんだかノスタルジーを感じてしまいました。なんかありがとう、丸ちゃん。

でもこれ振ったのは二宮なんだぜ。「ショウ来るかな?」って。あぁやっぱり操っているのは二宮さん……。

相葉×丸山:…特になし(笑)相葉さんはエイトが来ると大人しくなっちゃうからなぁ(対ヨコ以外)でも「僕なんかに教えられることはここまで、見てて分かるだろ?」なマッスル丸山をフォローするように、相葉さんが肩に手を置いていたのを見て「やだ、さすが嵐イチのモテ男雅紀♡」と興奮したのはこの私です。

二宮×丸山:本当、二宮さんって攻め込まれると弱いよなぁ…あぁかわいいよにのたん。お耳真っ赤だもんねぇ(ノ∀`)これだけ丸に振り回されちゃったら、そりゃあ返しも雑になるわ。しっかし、二宮×丸山ターンのバックで流れていたBGMがいい具合に気持ち悪くてツボでした(笑)

松本×丸山:まぁ、パーソナルスペースが広い人に対してこういうアタックすればこうなるわな…。私も心配性でパーソナルスペースを広くとりたいという、潤と同じタイプなんですよ。自分から行く分にはいいんですが、寄ってこられると「ちょっと…」っていう。

f:id:yuki922:20140924203504j:plain

しかし「丸、そろそろ殴られるから…」とJから丸を離す翔さんに、なかなかの翔潤を見ました。いや、丸翔でもあるか(新しい)。潤を守り、丸を守る、鉄壁ストッパー翔さんには頭が上がりません。

 

お気付きでしょうか。私が丸ちゃん自身に対してほぼ触れていないことを。

やっぱり、丸ちゃんを生かしてくれるのはメンバーなんですねということを再確認しました。丸ちゃん自身はいつも通りで面白かったんですけど(笑)、本当それを生かすヨコヒナの凄さというのを改めて感じれたなーと。

いい具合に丸を泳がしてくれる横山さんと、ぶった切るところでツッコんで終わらせてくれるヒナは素晴らしい。

あと、私は筋トレや筋肉への興味がほぼないので(笑)、トークパート作ってほしかったなぁ…。ふふん。

 

後半の葉加瀬さんのは、私が以前感想を書いた林先生の番組をプロデューサーが観てそのままオファーしたんだろうなという安易な内容だったので。ほぼ被ってたしね。そっちの方が面白かったしね。

でも、今回は今でしょ講座の時みたいな歴史で追っていく、というパターンじゃなく「クラシック好きが選ぶ10人の偉大な作曲家」という順位に従って見ていくという内容でした。

1位ショパン、2位チャイコフスキー、3位ベートーヴェン、4位リスト、5位モーツァルト、6位バッハ、7位ガーシュイン、8位ブラームス、9位ドヴォルザーク、10位ヴィヴァルディ

ベスト5は納得だなー。バッハはもっと上位かと思ってたという声が上がってたけど、バッハは基礎の基礎という感じだから、聴いてても演奏していても構造は簡単っちゃ簡単ですからね。

ヴィヴァルディが10位に入ってくるのか~。ちょっと意外だな。プッチーニとか入ってきてもよさそうだけどな。でも、ヴァイオリンが好きな人にとっては「四季」は特別なのかなー。

でも翔さんはほぼほぼ知ってそうな感じでしたね。さすが♡♡

というのを「ラプソディー・イン・ブルー」を聴きながら書いてます。バーンスタインが弾くラプソディーは格別だな。最高!ありがとう、ガーシュイン

 

やっぱり、すばるにはジャズを歌ってほしい願望が強いんですよね(唐突)

すばるの歌、聴きたいなぁ…あぁ…ドリフェス行きたいなぁ……(そして結局行き着く先はそこ)