ドキドキとワクワクが僕の主食

女の子はお砂糖とスパイスと“素敵な何か”で出来ている

20141212「関ジャニズム LIVE TOUR 2014>>2015」東京ドーム公演【総括】

f:id:yuki922:20141213172146j:plain

行ってきました!関ジャニズムツアー東京初日!

選挙(期日前投票)に行ってから水道橋へ。翔さんがあれだけ「若年層が選挙に行かないうんぬん」言ってたからね、アピール(笑)

 

まぁレポというほどでもないですが、私見と感想を書いておきたいなと思います。

この記事はセトリのネタバレはないですが、演出については多少触れている部分があります。

 

 

前置きとして、

前回の投稿で述べましたが、私は今回がエイトコン初!そもそも、ジャニコン初!

もっと言うと、ドームでのライブが初!という初めてだらけでした。

なので知らないことだらけですから、若干的外れな部分もあると思いますが、とりあえず思ったことをそのまま書いて残しておきたいと思います。

会場・音環境について

18時開演。終わりは20時30分くらいだったので、2時間半ほどですね。

席は40ゲート。スタンド1塁側の2階席。

なので正直、期待せずに行ったんですよね。

「全然見えないんだろうな~」「音悪いんだろうな~」っていう。

したら驚き。超見やすい。

まぁ場所も良かったのかもしれないですけど、まず全然「遠い」っていう感じがしなかった。

それに、花道やアリーナの作り方も良かったんじゃないかなぁ。

まぁ位置的にどうしてもバクステは見にくかったけどね。

あと、肝心の音ですよね。

これも予想外。超聴きやすかった。

全然ね、音割れしてなかったです。たまにタイムラグを感じる瞬間はありましたけどまぁ許容範囲内。

おそらくJBツアーから設置するようになったメインステージの両脇にそびえ立つ、タワースピーカーのお陰なんだろうなぁと。

これ賛否両論ありましたよね。音楽にこだわりを持っている方は「JBツアーから音が断然良くなった」と。しかし多くのファンは彼らの姿を見たいというのが大前提でしょうから「邪魔だ」と。

実際に私も目にして「これが例のやつかぁ」と。確かに、私の位置からだとメインスクリーンの1/4程度が見えなくなってしまっていたんですよね。なのでダンス曲とか「見えない」とヤキモキしていましたが(笑)

まぁ、私はドームでのライブ自体が初めてでそこまで音が悪いライブもといコンサートを体験したことがないので(アイドルのコンサート自体が初めてだし)、比較対象がないのでアレですけど、あのタワースピーカーのお陰で音が良く楽しめたのだとしたら、設置には絶対的に賛成です。

正直、「悪い音響の中でライブを観ること」という状態ほど私にとってストレスフルなものはないと思うので。

あと、音に関連してなんですけど、全体的にマイクの音量が小さいなっていう印象を受けたんですよね。歌も楽器もCDも。

これは、

①私の席がスタンドだったからか

②ドームという会場の性質上なのか

③エイト(もといジャニ)は元々このくらいの音量なのか

どれが正解か分かんないんですけど(笑)

でも、これまでアリーナとかスタジアムで超天井席を経験した記憶がありますが、音量が小さいと感じたことはないので①以外じゃないかなぁ~。

あ、でも①と②両方のパターンはあるよね。「ドームのスタンドだったから」っていう。

私はポップスでもロックでもクラシックでも、ライブやコンサートはあの「大音量の音に包まれる空間」という点が何より好きなんです。こう、音が身体にビシビシ刺さってくる感覚。身体の中で音が鳴っているかのような感覚。それがあまり味わえなかったなぁというのがちょっと残念だったんですよね。

これは、次にエイトコンに行く機会の時に確かめよう。うん。

演出について

忠義が主に中心となって考えた、という今回のライブ。

今回は世界観が統一されていて、遊園地に来た体で進んでいくというもの。

セットも(何となく)そんな感じ。トロッコが汽車型になってたり。

エイトが案内人で、ブロックごとにその映像が差し込まれる形式。

なので、メンバーの半分が消えて着替えてっていうパターンはなかった(1回とある曲で1番は4人歌って、ステージを移動しながら3人がジャケットを着て、2番では反対に3人が歌って4人が移動しながらジャケット羽織ってというのはあった)。

映像は全編セピア調。メンバーはスーツにハットを被ってて、個人的には「Dye D?」の吸血鬼になる前、ホテル従業員の格好を彷彿とさせるクラシカルで好きな雰囲気でした。

特効は2回あったかな。ライティングとかは全然覚えてない(笑)

とある曲の、映像の加工がとてもかっこ良かったのが一番印象に残っています。それは曲の感想の方で触れる(予定)。

ただ、ドームの大きさを生かした演出っていうのが…ない。去年はまだムビステ使ってたりしたけど、今回は派手さがほぼない。「なっがい十字の花道がある」っていうことくらいかな。

「ドームの使い方が下手」っていうのをやっと実感できたな、と。この人たちはドーム向きじゃない気はするかもしれないなぁ。まぁ私、上記の通りドームの現場初めてだけどね。他のLIVE DVDとか観ての感想よ。

来年どうするかは分かんないけど、実際問題、今のスケジュールでアリーナを回数増やしてツアーをこなせるかって言ったら難しいんだろうなぁ。

この辺が課題なんでしょうねぇ…大倉さん!

バックバンドについて

今回も大半の曲はバックバンドの生演奏での歌唱だったかと思います。

上段じゃなく、メインステージ上手にギター・ベース・ドラムとかが配置。下手にストリングスとブラス(がいたと思う)。ブラスは今回少なかったと思うんですよね。ただ正直、1回だけの参戦じゃ把握できないくらい情報量が多いので(笑)ブラスについては全然見れてない。でもYOKANさんは居なかったと思うんだよねぇ。

やっぱ…良いね(笑)生の楽器って。ライブ自体が久しぶりだったので、本当ねぇ演奏には痺れました。具体的には後日書くけど。やっぱり、ドラムをかじったことがある人間としてはドラムばっかり聞いちゃうんだけど。かっこ良かったな~!

JBよりは編成や人数は減ってたと思うんだけど(おそらく)、これが味わえるのは、ジャニでもエイトならではですよね。

彼らについて

初めて生で見れた………!!!!!

って言っても肉眼で誰か何となく区別が付くかな…?っていうレベルですのでTV等で観てるのとほぼ変わらなかったかも。まぁいつか、近くで姿を確認できた時の楽しみとしてその興奮はとっておきましょう(笑)

横山さん:思った以上に白い(爆)MCで半袖を腕まくりしてたけど、スクリーンの横山さんを見て周りも「白っ…」と思わずこぼしてた。遠目から見ても白かった。細さは遠いし正直分からんかった。…以上(笑)

渋谷さん:サイズ感は分からん。髪型は若干バリッてましたね(12/13のMCで言ってたそうですね)。しかし、顔が元々タイプだから割とどんな髪型でも好きですけど、これまでで一番好みとかけ離れた容姿の時に初対面することになるとは…(笑)

村上さん:良い意味で変わらないです。いつも観てるのと。というか地デジ化して以降、ほぼTVと実物が変わらないじゃないですか。エイトの中で私が一番TVを通じて観てるのはヒナちゃんなので良い意味でいつも会ってる感が強い。

丸山さん:なんだろ…ちょっと髪がモサッてたような…。もうね記憶があやふや(笑)

安田さん:かっこよかったの!凄く!それだけは記憶にあるの!…7人いるともう訳分からなくなるね(笑)

錦戸さん:若干カリアゲ君になってた…?(サイド)安定したかっこ良さ。

大倉さん:問題のこの方ですよ……。金髪にしてきやがった!!!冒頭の曲で初めてカメラ抜かれた時にどよめく会場。あざといわ~!分かってて顔決めてるわ~この人!私は、大倉さんはフワフワした髪型よりかっちりキメてる方が好きなんですよね。今回はセットの感じもかっこ良かったのよ(上手く説明できないけど)。前回が2010年秋ですよね。『大奥』の会見で着物に金髪というスタイルで挑んでニノに「不良」って言われてましたよね。あとMステも金髪にスーツで出てて「大倉くん綺麗だな~」と思った覚えがあります。あとどれくらい持つかしら…。

観客について

多分ね、私がこれまでジャニコンに参加するのに気が乗らなかった一番の理由はここなんですけど。

もちろん、それぞれの楽しみ方があると思うんですけど、まぁ周りのファンとはノリが違うだろうなぁ…っていう固定観念があったので。

で、実際行ってみて、確かにノリが違う部分は多少なりともあったし、登場から最初数曲は黄色い歓声でほぼ歌が聴けなかったけど…。

だったんですけど、落ち着いてからはちゃんと聴けたし、秩序が保たれていた。渋谷さんも書いてたけどね、モラルが守られていてストレスなく楽しめました。

面白いのは、アップテンポの曲の後は「キャー!」とか「ワー!」なのに、バラードとかクール系の曲の後は「フゥー!」なんですよね(笑)これはeighter特有かな?最後のアレといい「フゥー!」が好きよね、皆(笑)そういうノリ、好き。

そういうのも含めた「皆で楽しもう」っていう空気で統一されているなぁという印象を受け、非常に好感を持ちました。それが何より楽しかったかも。

年齢層は思った以上に均等だったかなぁ。平日だからか制服着ている10代の子から20代、30代、40代、50代と上手いくらいにバラけていて、流石だなぁと。

 

というのが、「初めてエイトコンもといジャニコンに行ってみた」の感想です。

この後、セトリ・曲等の感想を書き残していきたいと思います。