ドキドキとワクワクが僕の主食

女の子はお砂糖とスパイスと“素敵な何か”で出来ている

20141212「関ジャニズム LIVE TOUR 2014>>2015」東京ドーム公演【その1】

帰ってきてライブの感想を書きながら気付く。

私ってば、全然覚えてない………。

記憶力は良い方だと思ってたんだけどなぁ…メンバーだけで7人いるしなぁ。それに演出やら映像やら音楽やらって、そら1回の公演だけで全部は網羅できないかと。

もうね、情報量が多すぎて覚えられないのね。コンでメモする人の理由がやっと分かったわ…。

もちろん、この後はネタバレありですが……

ひとつ言いたいのは、私みたいにジャニコンへの抵抗感があった人間でも、彼らのライブはものすっごく楽しかったです。

同じような方もいらっしゃるだろうと推測するので、ひとつの個人的意見として参考にしていただけたらと思い、これだけ言っておきます。

では、感想☟

 

 

 

まぁ、私自身アルバムの出来に対してはJBほどの満足感はないですし、実際に私が愛読しているブロガーさんも似たような感想を持っていらっしゃる方が多く、ライブに対して不安を持つ声も読んでました。

そんな私の感想ですが、

いつもと同じかは分からない(私は初エイトコンなので)。

でも、終わって最初の感想はやっぱり

楽しかった~~~~!!!!!! 

なんですよね。それ以上のものってないと思うんです。

まぁ、以下gdgd書いてはいますけども…。

【12月12日東京初日セットリスト】

OP「おえかき」

1.「EJ☆コースター」

2.「無責任ヒーロー

3.「がむしゃら行進曲」

4.「RAGE」

~ヒナの挨拶~

5.「FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN」

6.「三十路少年」

~映像~

7.「アダムとイヴ」

8.「アイスクリーム」

9.「道」

~映像~

10.「Masterpiece」

11.「フローズンマルガリータ

12.「ふたつ手と手」

13.「CloveR」

14.「T.W.L」

15.「Cool magic city」

~MC~

16.「『愛 love you』」

17.「Butterfly I loved」

18.「愛以外のなんでもない」

19.「fantastic music」

20.「Revolver」

21.「アイライロ

22.「ワンシャンロンピン」

~映像~

23.「絆奏」

24.「象」

25.「キング オブ 男!」

26.「好きやねん、大阪」

27.「ワッハッハー」

28.「関風ファイティング」

29.「あおっぱな」

30.「へそ曲がり」

31.「ゆ」

32.「ドヤ顔人生」(バンド)

33.「言ったじゃないか」(バンド)

~すばるの挨拶~

34.「LIFE~目の前の向こうへ~」(バンド)

Enc1.「オモイダマ」

Enc2.「無限大」

Enc3.「ズッコケ男道」

 

基本的にはね、ネタバレなしで臨んだんです。基本的には!そう、意図しなくとも漏れてくる情報ってあるじゃないですか。ツイとか見てると。あれ、アカンね(笑)

あと、前日にパンフを読んじゃったんだよねぇ…。読まなきゃ良かったかもしれないんだけど(笑)その中に書いてあった通り、前半はアルバム、後半は10周年っていう感じが色濃く出ていた印象かな。

アルバムはほぼ網羅しましたよね。JBでやった「ココロ空モヨウ」「ひびき」はなしで…って思ってたら大好きな「ER2」をやってくれなかったんだ( ;∀;)Oh…十祭のDVDを待ちますね( ;∀;)

クルマジが入ってるあたりやソロコーナーなんかは、十祭のアンケートを参考にしているんだろうなぁと思うし、まぁエゴサもしてるのかなって思った。

だから、初期からのファンの方は嬉しいだろうなぁと察する。

でも、思ったより反応が分かれてて、ソロ曲は一部声が上がってたけど他は無反応だったり。「Revolver」はメッチャ大きかったんだよね。この中では一番最新の曲だし(2010年)、それ以降のファンの増え方を表しているのかもなぁと思いました。

ダンス曲では数曲リップシンクのものがあったかと思います。1曲丸々というのは「アダムとイヴ」くらいだと思うけど。

でもね、私にとってはリップシンクか否かっていうのはさほど重要事項じゃないんですよ。トータルのクオリティーの問題だと思うので、ガッシガシ踊る曲ならば生歌でなくとも魅せてくれるのならば何ら問題はない。曲によって期待するところが違うので。

むしろ、ダンス曲なのにどこに照準を合わせているのか分からず、歌もダンスも中途半端というのが私にとっては何より許せないことなので。

でも、歌はライブで聴いても本当に上手かった。まぁヨコとヒナは若干不安定な箇所もあったけども。

しかし、その中でもやっぱりすばるは飛びぬけてた。

最初数曲はソロが少ないので分からなかったですけど、5曲目の「FUN×8」からを聴いてもう純粋に「すげー!」って叫びたくなりました。何だろうね、彼のパワーは。

音もほぼ外れてなかったと思う。「オモイダマ」はTV披露よりも落ち着いてたかな。まぁあの曲は外れるのは問題ない。以前も書いたけど。

やっぱりね…この声はライブハウスで聴きたいなぁ…。爆音で聴きたいなぁ…。

丸ちゃんは生だとさらにデロデロに甘かったなぁ…。「あまーーい!」って叫びたくなるくらい。

ヤスくんはねぇ…もう打ち砕かれた曲があるので♡♡(その2に書く予定)。

忠義はいかんせんマイクが小さくて低音がほぼ聞き取れず。でも「CloveR」の冒頭はバッチリだった。

おりょんは割りとJBは表情豊かだったけど、今回は曲の関係もあるだろうけど普段のそつが無い感じだったかなぁ。心配していた「CloveR」の「Oh~Oh~」は音が当たってたので仕上げてきたな~と。

…よし。じゃあ1曲ずつの感想を書き残しておきます。

 

OP「おえかき」

正直「この曲歌うのかな…?」と思っていたので、まぁ「ここしかない」という使いどころでの使用かと。しかしかなり音量が小さくて、流れていると私が気付いたのは結構終わりの方だったという…。ステージ近くのお客さんは歌ってたけど、なんかあやふやなまま曲が終わったと同時に照明が落ちるという演出でした。

1.「EJ☆コースター」

映像が「ようこそエイトランドへ!」的なやつだった?(あやふや)

で、横一列になって7人が出てきた時の興奮ったら他にないと思います。

コンセプト的にもこの曲ほど自然なOP曲ってないよなーと思うんですけど、正直アンパイだなぁとは思いました。割と、エイトってOP曲にちょっとしたサプライズを持ってくるという印象がありますし、個人的にはそれが好きだったりするので。

メインスクリーンに初めて忠義が映った時の衝撃ったらね!超美人!超キレイ!

生歌だったと思うんだけど、いかんせん歓声が凄くてほぼ歌は聴けなかったけど。特にヨコの落ちサビとかメッチャ聴きたかったのに、私の2つ隣の席の二人組が強烈な横山担さんで「キャーーーー」ゆうてたから全然聴こえなかったよ\(^o^)/OMG\(^o^)/\(^o^)/

2.「無責任ヒーロー

確か1曲目の大サビでメンステ→センステに移動だったのかな?

正直、歌番組では「またかい…」って思う無責任くんですが、ライブで初めて聴くとやっぱテンション上がりますね!じゃじゃじゃじゃーん!!

途中でバクステに移動したん…だっけか?

3.「がむしゃら行進曲」

早くも新曲ktkr!多分、今後ライブの定番曲になるんじゃないかな…ってくらいにしっくり来てた。振りも私は特に覚えるつもりはなかったんだけど、身体が勝手に動いて踊ってました(笑)

4.「RAGE」

来たぜ!…ただ、お手振り曲というね!おいおい!だって凄かったのよ、イントロが流れた時の歓声。「あ~皆待ってたんだな」って思ってたのにこの扱いでね(笑)

だがごめん、歌はほぼ聞けなかった。DVDを楽しみにしておく。

~ヒナの挨拶~

「バカになろうぜぇ~~~~!!!!!」

個人別の挨拶はなかった。

5.「FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN FUN」

メンステ。

ライブで聴くと楽しいだろうなぁとは思ってたけど、やっぱりその通りでした。まぁ、やっぱりモヤモヤはするけど(「Give it away」パクリ問題ね)。

忠義の低音が全然聴こえないから、やっぱマイクの音量上げてほしいなーと思ったよ……。

ここでやっとすばるの歌を堪能できました。特に「てねっ」からの空気の変わり方がすげーなー!と。

なんかね、ふとした瞬間に「あれ?アンソニーっぽくない?」と思って。語尾かなぁ。「遊びたらんねんの歌い方とかが、それこそ「Give it away」のバース(平歌)部分の語尾に似てる。冒頭の「mamma」「pappa」とかね。今、音源聴いてみたけど、この段階でもそれっぽいけどライブではさらに顕著だった。…贔屓目すぎます?(笑)でも、すばるはちゃんと分かって寄せにいってるんだなぁと思ったよ。超~かっこ良かった。

6.「三十路少年」

これもメンステ。

いやね、タコマイより良いわ!すっごい楽しい!まずね、振りが可愛いの!「♪み~そ~じ~」が手で数字を作ってるんだよね。

あと何より、サビの渋谷さん!!!「♪嗚呼~~」がね、私はアルバムの感想で「哀愁があって良い」と書いたんだけど…あそこで敬礼をするのよね。これがとんでもなく可愛くって!なんかね、お遊戯会で幼稚園児が頑張って踊ってる風になってるの。何故かは分からんけど(笑)肩が上がってるのかな…なんかね、ぎこちなくって可愛くって。歌ってる内容オッサンなのに。というか本人オッサンなのに。

ソロパートは、後半はただの変態笑いをしてました(笑)モザイク部分はこれが☟

f:id:yuki922:20141215225053j:plain

ノッポンくんって言うらしい)

ビジネスヨコヒナは最後のハイタッチがスクリーンに抜かれなくて「おいっ!」と思わず突っ込んじゃったよ…。

腕立て伏せソロは指立て伏せやってました(笑)「パーン!」ってやってから「♪ガキの頃から~」って急にマジな顔して歌い始めるからお腹痛いし。ギャグのところは「スッチョンスッチョン!」ってやってて、次のすばるが笑って歌えず(笑)

あ!大倉くん!「♪カレーライス」は両手でマイク持って可愛く歌ってたけど、あれは渋くアニソンの帝王みたいに歌ってくれないと!(厳しい)

やっぱヒャッくんって凄いなと思ったよ。ライブで曲を聴いてそれがよく分かった。今回もヒャッくん最終日かな?来てくれたみたいですね(彼のブログに書いてあります)。というかその記事にヒャッくんが送った花輪の写真が載ってるのですが、隣に阿部真央さんのお花が…!章ちゃん繋がりですかね。阿部真央さんもいつか曲提供してくれるかしら…。

~映像~

ここで丸ちゃんが出てくるんだけど、なんか凄く色っぽくて一人だけテイスト違うのよ(笑)で、「お腹すきましたか」って林檎を差し出すのね。この時点で次の曲に気付けなかった私は意識が低いわ(笑)

7.「アダムとイヴ」(横山&大倉)

うーん…厳しい言葉で表現するのならば、劣化版「torn」だな。まぁ曲が解禁になった時点で分かっていたことではありますが。

この系統でいくとすると、「torn」を超えるというのは非常にハードルが高いこと。それだけ私が「torn」を高く評価しているということになるんですけど(生で観てみたかったなぁ~)。だから何かしら違うアプローチにしなければいけないっていうのは、特に大倉さんはよく理解しているところだと思うんだけどね。

アルバムの感想にも書いたんですけど、このシンメはエイトでも一番好きかも。だから、もうちょっと振り的に絡みがあると良かったんだけどなぁ~。

サイドのスクリーンにMVの映像が流れますが、もっと過激になってたと思う(笑)

8.「アイスクリーム」(安田&錦戸)

下手側のサイドステージから章ちゃんが出てきた!と思ったので、1塁側、上手側の私はこっちが亮ちゃんだな!と暗闇から見つめておりました。錦戸さんは、気が向いた時に手を振ってくれました(笑)2階席にも!

二人ともアウターがジャージみたいなやつ。章ちゃんがグリーン、亮ちゃんがホワイト。で、マイクがアイスクリームになってるの。これ可愛い。二人とも大きめのアイスを食べてるみたいで(笑)

確かにこっち側に来てくれたのは嬉しかったんだけど、ヤンマーの絡みが何より好きなのでもっと並んで歌ってほしかったなぁ…!

でも、後半センステに移動して二人でお互いのマイクを向け合って歌ってるのとか超可愛かったし、大サビから並んで踊ってる姿は完全に「ヤン坊マー坊天気予報」でした!たまんねぇな!

9.「道」(渋谷&丸山)

予想通り、MVと同じ衣装で出てきて一切笑顔を見せない二人がシュールすぎた。やっぱりね、私は「まるすば」と書いて「狂気」と読むわ。

二人の美声が響く会場。そりゃもう素晴らしかった。もっと音量が大きければさらに世界観に入り込めたんだろうけどなぁ…(まだ言う)。

~映像~

「えっKINGは?」とざわつく会場。

10.「Masterpiece」

キターーーーーー!!!!!これ、ガッツリパンフに練習風景が載っているナンバーですが。「エイト至上でも難易度高い」と書かれていた通り、エイトの中ではガッツリ踊っているかと。あくまでエイトの中では!ですけどね(笑)

でもまぁ、ダンスの細かいところまでは見れなかったのでDVDでガッツリチェックしたいと思います。

もうね、すばるの「♪Get down」を生で聴けて満足です♡♡(あれは生歌のはず)

11.「フローズンマルガリータ

これ、実は偶然ネタバレに遭遇した時に知ってしまった曲のひとつ。

でもイントロが流れた瞬間、思わず声が上がったわ~!これも歓声が大きかった。

出だしの章ちゃんからもうキターーーー!!ってなりました。これもすばるの生歌が聴きたかった曲。かっこ良かった。

12.「ふたつ手と手」

「あれ、これ聞いたことあるけど何のC/Wだっけ…?」となって最後まで分からなかったんですけど「言ったじゃないか/CloveR」でしたね。

1番は4人で歌って、その間に他の3人がジャケット羽織って、2番で交代みたいな感じでした。しかしね、そのジャケットがWSの会見で着てたやつなんですけど…蛍光イエローレベルのドギツイ黄色地に黒の千鳥格子柄という、なかなかパンチのある衣装でした(笑)

13.「CloveR」

バクステ。

可愛くってキャッチーで大好きですが、何せ衣装のパンチ度にやられてなかなか集中できなかった(笑)

しかし、今回割とメンバーカラーの衣装が少なかった気がします。ただもう記憶が定かではない為、DVD発売時に確認をします。

14.「T.W.L」

これがライブ通しての一番の興奮ポイント。

目の前(というか目の下)の上手側サイドステージに自担がきた………!!!!!

なので、ビックリするくらい自担しか見てなかった。他の記憶がない。

しかも、1曲丸々くらいの勢いでその場に居たので、もう興奮でした。まぁ、2階席は一回も見てくれませんでしたけどね(笑)でも間奏とかで近くのアリーナや1階スタンドに手を振ったりしてましたよ、厳しい顔をしながら(笑)

間奏でタオル振り回して煽ってたんですけど、その後目の前に舞ったホコリを右手で一生懸命払いのけてました(笑)本当、この人いちいち仕草が子どもっぽいというか猫っぽいんだよな…。可愛い…。

あ!バックの演奏がメッチャかっこいい!と思ったのは唯一覚えてます(笑)

15.「Cool magic city」

やっぱりイントロがかかった瞬間の歓声が凄い。

「♪く~るまじっく」の手ヒラヒラがやれて良かったです。

やっぱり今回花道が長かったのか、忠義と誰かがメンステに辿り着かなくてアウトロで爆走してました。

~MC~

初ライブでの発見がひとつ。

MCが全然聞き取れない!!!(笑)

前半からちょくちょく聞き取れないんだけど、後半に入ってくると彼らもどんどんテンションが上がってきて一斉に喋るし早口だし(笑)「楽しそうだな~」って眺めてました。

まぁ詳しいレポを挙げていらっしゃる方もいるので詳細はここには書きませんが、

①生で不憫おりょんが見れた(おりょん以外の6人+スタッフで食事&カラオケ)

まぁ仕事(ドラマ最終回撮影)だからしょうがないことなんだけど、ずっとその話してたから会話にあまり入れず、スクリーンに映ったりょんがボーッとしていて寂しそうに見えて笑った。

②おりょんに電話番号バラされかける横山さん

「みんなバラさんよな!」「Twitterで書かんよな!」って観客とお遊びをしてるのが可愛かった(上手く聞き取れないから若干蚊帳の外)。

③すばるに「ハナミズキ」をリクエストするヒナちゃん

ハナミズキは俺のリクエスト!」って嬉々と語るヒナちゃんが超可愛かった。いいな~!メッチャ聴きたい…!!!

④カラオケで横山さんが入れた曲をことごとく消していくヤスくん

その仕草がメッチャかっこ良くて…!「なし、なし」ってタッチパネルを押してる仕草を章ちゃんがしてるんだけど、超ドSな顔してて「うわ~!私もカラオケ行って曲消されたい~!」っていう新たな願望が生まれました。

⑤横山さんが「象」を歌ったことに観客が「ゾウ~」って反応したと勘違いするヤスくん

私も含めて皆は「おお~」って反応したと思うんだけど、ヤスくんが「皆が『ゾウ~』って言った!」ってメンバーに報告してて笑った。そしたら、すばるが観客指さして「(本当なら)天才や!」って言っててキュンとしました(なんかおかしい)。

 

…は~!なっがい!!

これで一応、前半戦。

後半戦はその2へと続きま~す。