読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキとワクワクが僕の主食

女の子はお砂糖とスパイスと“素敵な何か”で出来ている

Happy 33rd birthday to 翔さん!

アニバーサリー

翔さん、

お誕生日おめでとうございます。

…なんか舎弟みたいな気分になりますが(笑)、いつの日からか私は「翔さん」呼びが定着していました。

私にとっては、翔くんは絶対的に尊敬する人。

VS嵐』での出来ないっ子ぷりに爆笑し、「ダサい」と弄られているのをこれまた爆笑して見ていますが。

そうやって普段は見ていようとも、根底にあるのは「尊敬」。それが揺らぐことはない…潤くんとお揃いだね( ´∀`)

私は、今…というか少し前までの「嵐」という存在のパブリックイメージは、ほぼ「櫻井翔」のパブリックイメージと同化していたなと思うのです。「嵐=櫻井翔」だった時期ってあるよなぁって。

それが翔さんの意図していたことだったのか。まぁ全てがそんなことはないと思うけど、多少なりともはあったんじゃないのかしら。

行き過ぎたイメージ・作られ過ぎたイメージは翔さんの一部であることは間違いないけれども、でもあまりにも一部分しか取り上げられないから、いちファンとしては「翔さんってただの優等生じゃないんだけどな」という一抹の違和感を覚えながらその様子を見ていた。

翔さんはジャニらしい甘い顔をしているのに中身は全然ジャニっぽくないし。ただのオスだし。さすが男子校出身と言っていいのか基本的に雑だし。機嫌がすぐ顔に出るし。俺様だし。

基本的には、自分に対しても周りに対しても厳しい人だなぁと思ってるの。まぁでも、翔さんはコントロールができる人だから余計な心配は一切しないけど。

「清涼感があって、物腰柔らかで、育ちが良いスマートな優等生」

もちろんそれも翔さんではあるけれども、私が見ている翔さんはもっと男っぽくてガツガツしている人。むしろ血の匂いや汗の匂いのする、人間臭い人。かっこいい人。

本人もそのパブリックイメージを利用しながらも、あまりにも先走っていくことに戸惑っていたとは思うけど。ただ最近は、そのイメージの肥大化も落ち着いてきたと思うし、本人も吹っ切れたコメントをしていると感じるのでもう心配はしていない。

 

「道なき道」を切り開いてきた翔さん。

貴方が今、どんな未来を描き、どこまでを想定しているのか私なんかにはとても想像つかないんだけれども。

今後も、翔さんが描く理想を、潤くんが体現していく。

そんな嵐を見続けていたいなぁと思っています。

f:id:yuki922:20150124224536j:plain

心から、尊敬しています。

翔さんにとって、充実した1年になりますように。

2015.1.25 ユウキ