読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキとワクワクが僕の主食

女の子はお砂糖とスパイスと“素敵な何か”で出来ている

『暗殺教室』感想

【お知らせ】PCから閲覧の方のみの表示ですが、サイドバーに試験的にですがask.fmを設置してみました。コメント欄同様に何かあればご利用いただければと思います。

 

ということで、こちら。

f:id:yuki922:20150402225239j:plain

先週、映画『暗殺教室』を観て来ました。平日の昼間だったのですが、まー子どもが多い!大盛況!素晴らしい!(笑)

 

最初に断っておくと、私は原作のファンです。連載当初から本誌で読んでいます。私はね、ジャンプ買ってないんですけど…家にあるからね。あ、アニメは未見です。

なので、まぁ実写化が決まった時は…別に漫画の実写化自体は否定しないですけど、この作品は映画化に関しては不向きだと思っていたので戸惑いはありましたよねぇ。そもそも未だ完結していないですし。

そういうモチベーションだったので、制作が発表になってからずっと期待値低かったんですけど…観終わってまず思ったのは「上手く作ったなぁ」という感想です。

まず、完全に小中学生及びファミリー層にターゲットを絞った超エンターティメント作品にまとめているっていうのがミソですよね。

この作品って本誌では1~3週にかけて細々したエピソードが続いている形なんですよ。だから一本の映画にするには不向きな作品だなと思っていたわけですが。で、この映画に関してはそのエピソードの抽出具合と尺が絶妙だなぁと。

まず、ビッチ先生が最初から居る設定になってるんですよね。渚のナレーションで来た経緯が説明されて端折られている。

で、カルマ編に律ちゃん編、イトナ編、鷹岡編、期末テスト編と主要のエピソードで一学期が終わっていくまでを描いている。

基本的にこんだけエピソード盛り込んでいるからひとつひとつが短くなってしまうのは仕方ない。カルマがあんなにすぐ殺せんせーに心を開くのも、まぁ違和感はあるけれどね。というか、カルマの元担任という回想に少し出てくるだけの配役が鋼太郎さんっていう豪華さ。

まぁダイジェストみたいになっているのは否めないけど、このスピード感がプラスに働いているんじゃないかなぁ。深く考えずに展開を楽しめますよね。

でも、きちんと重要な場面は尺をとってますよね。殺せんせーの教育論を述べる場面は丁寧に描いているし、ホント春休みにはぴったりだよね(笑)

個人的にはですよ!この作品が好きなのは、もちろん展開も面白いですけど、それよりもブラックでエグイところなのでその部分を描いていないのは寂しくもあるけどね…。まぁ、でもそこを誇張して描いても難しいと思うので…映画としては上手く作ったなぁという印象です。

ほぼ原作に忠実で。最後だけですよね。夏休み編からイトナ・鷹岡の再来をくっつけたっていう。これに関しては、私はそこまでの違和感はなかったです。原作通りにやったら、夏休み編からの鷹岡までの件はどうしても長くなっちゃうしなぁ…。

期末テストで学年1位をとったら~のやつで、寺坂軍団の家庭科満点の件は好きだったので入れてくれて嬉しかったなー。でも、イトナ再来を改編したことで、寺坂軍団の改心の部分が描かれてないからいつの間に不良たちが溶け込んでいるのかってなるよね。まぁ映画だけ観ている人はそもそも寺坂たちのことそこまで認識してないか…。

まぁこれだけボリュームたくさんだから仕方ないんだけど、敢えてひとつ深堀りしてほしいとすれば、烏間先生についてですかねー。烏間先生のチートっぷりと生徒たちとの信頼関係の部分をピックアップしてほしかったなぁとは思います。烏間先生が良い教師だからこそ、渚きゅんが鷹岡に対して「僕たちは烏間先生が良い」と主張するわけで。

烏間先生がふっとばされて「うぅ…」ってなってるの見たくないよー!烏間先生は本来ハンパないから!強すぎて怖いくらいだから………。

その辺は次作に含まれるであろう死神編に期待かな…。うん、これ次作を作るの前提じゃないですか。伏線貼ってんじゃーん!っていう。もうニヤニヤしながら観てました。

キャラもコスプレにはなってなくて良かったかなぁと。特にやっぱり渚きゅんとカルマは良かったですね。

ただ「山田くんって首太いなぁ…」と思いながらスクリーン観てました(笑)山ちゃんは確かに可愛いけど中性的な可愛さではないんだよねー。その意味では、渚のあの二つ結びの髪型にしないで良かったんじゃないかなぁと。あの対鷹岡は読者としても初めて渚に引きつけられるシーンだったので、そりゃ完璧に再現するのは難しいとは思うけど、あのか細い笑みは見事でした。

厨二を拗らせてるカルマ(笑)は人気キャラですし、私も大好きです。実写のカルマはさらに生意気そうな感じで…菅田くん良かったっす。

多分、原作ファンの皆さんが一番不安だったであろうビッチ先生は…ほとんど台詞がないので気になる・ならない以前の問題かと。

まぁ映画としてケチ付けるならば、BGMが合ってなかったのが気になったかなぁ。調べたら、佐藤直樹さんなんでしょ…?もったいない使い方してんじゃねーよと。CGのチープさには文句言いません。制作費のことを考えたら頑張った方でしょう…。

 

原作に言及すると、今週号で殺せんせーの正体が明かされ、これから過去編に突入というところ。最近は毎週「えっ…!?」って驚いている。やっぱり松井先生すげー!って。

そういう意味では、映画化に松井先生が協力してくれたからこそのあの伏線なわけで…コミックスで読んでいる人なんて驚いたんじゃないでしょうか?最後のアレは。

今回は学校のカースト制度についてはほぼ描かれてないんですよね。野球大会とか期末テストの勝負の件もカット。で、理事長が意味ありげな台詞残して終わっているくらいで。

その辺のことも盛り込むとねぇ…また膨大な量になりますね。これ後篇は二部作になる可能性もあるんじゃないかしら…って。

渚のお母さんとの件はやるのかなぁ…とか。アレこそ狂気で個人的には面白かったけどなぁ。でも最終的には和解するわけだから教育的には…OKかな…(笑)鷹岡も映画では最後ギャグにしてたけど、本来はただのマジキチ野郎だしな。しかし、高嶋さんはお見事ですね。鷹岡が高嶋さんって聞いた段階で「ピッタリ!」って思いましたが、演技見たらさらに。

私は松井先生の『魔人探偵脳噛ネウロ』が大好きで。そう考えると、松井先生の作品がこんな大衆ウケする映画になるのは感慨深いなぁと。

 

あ、肝心の二宮殺せんせーはですね…。最初は思うんですよ、「二宮さんだぁ…」と。でも中盤くらいから、ほぼ気にならなくなって「殺せんせーというキャラ」として観れていました。それは、私と同じく連載当初から読んでいる二宮さんの中にある殺せんせー像と私の中の殺せんせー像が近かったからなのか、否か。分かりませんけど(笑)

私はこれまで本誌でずっと読んできて、殺せんせーに関しては声が脳内再生されるくらいかなり確固たる「殺せんせー」像がしっかりあった…と思うんですよ。ヌルヌル言っているのとか。

だから、いつの間に自分の中の殺せんせーと二宮殺せんせーがリンクしたのかが自分でも分からないくらい、自然に入り込んでいました。しかし、こうやって殺せんせーとしてしか観ていなかったので、ニノちゃんの演技が!台詞が!という視点ではほぼ観れませんでした(笑)そこは申し訳ない。まぁそれくらい二宮さんの殺せんせーが、個人的には違和感なく受け入れたということです。

すいませんね。自分の好きな作品を好きな人が実写化するっていうの初めて…だと思うんだよね。そうなると何のモチベーションで観たら良いのか分からなくなるんだよな。結果、嵐ファンとしてのモチベーションがほぼゼロでした(ハハ)まぁ声優として、だからな。そう考えるとやっぱり二宮くん上手いよね。

二宮さんとしては、こういう大衆向けのエンタメ作品に携われたことは嬉しかったんじゃないかなぁ。これがきっかけなのかは定かではないけど、ここ最近の芝居仕事のラッシュはきっと本人がどこか吹っ切れたからなんだろうなぁと思っています。

これまで彼がやりたい仕事と適性との間で葛藤してきた中で、何か答えが見えたのかもしれないなぁと。

私は末ズが好きなんですけど、その理由のひとつがここなんですよね。正反対な二人ですけど、松本さんは二宮さんの適性を羨ましがっていて、二宮さんは松本さんの適性を羨ましがっている感じが。それはお互いの元々の嗜好かもしれないけれども、メンバーになって同い年でずっと比較対象にされてきた二人が結果として互いに「ないものねだり」をしているのが数奇なところだなぁと。

二宮くんが役者業について今後どういう風に向き合っていくのか。楽しみなところです。彼にはやっぱり芝居してほしいなぁと思うよ、私は。

…久々にちょっとだけですが、嵐について触れました。なんかねぇ怖いんだよね、、、嵐についてネット上で触れるの。まぁ良い機会ということで。

ということで、次回作に期待しますね(早い)