読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキとワクワクが僕の主食

女の子はお砂糖とスパイスと“素敵な何か”で出来ている

Happy 30th birthday to 忠義!

アニバーサリー

たーくん、30歳の誕生日おめーーーー!!!!!!!!

末っ子たーくんが三十路ですって!!!!!

これでエイトさん、皆さん30オーバーで♡真の三十路少年♡♡

 

まぁここでもよく言っていますが、私は隠れ大倉担なんですね。もはや隠れているのかいないのかも定かではないけれども(笑)

遡ること、約5年前。

2010年9月『少年倶楽部プレミアム』に二宮さんと共に出演した大倉さん。

存在は何となくだけど知っていたし、その1ヶ月前にはMステでドラムを叩いている姿を観たりしたけど、特別に気にしたことがなかった人でした。

だけど、その時の佇まいや話の内容、仕草…何か感じるものがありました。

その時はMCの太一くんやニノ、またはVTRで登場した長瀬ベイベに弄られまくってたんですよね。フワフワしていて能天気で素直で。太一くんには「大倉くんはそのままでいてほしいね」なんて言われて。

でも、私が見ていて感じたのは「この人はそれだけじゃない気がする…!」と。何か内なる熱みたいなものを抱えているような。

それから私は大倉さんのことを色々調べるようになり、その予感は当たることになるわけなんですけどね。

また、ちょうどその時期から嵐とエイトの共演が増えたんですよね。そして、当時私がよく見ていた嵐ファンのブロガーさんの多くがエイトとの掛け持ちであったりしたことから、自然とエイトの情報が入ってくる環境にいた私が「もしエイトを今後追うことになるなら担当はたっちょんだろう」と何となく考えていたくらいの立ち位置に居た。そこから2年以上経って、ようやくエイトの沼にハマりだしたと思えば違う人を担当にしたのは自分のことながら謎ですが(苦笑)

 

とは言うものの、私は隠れ大倉担もとい“隠れてない大倉担”なので忠義に目が行くことが多いのは否めない。特にバンドの時は忠義のドラムばっかり見ている。

ドラムに関しては一応叩けるよ程度の私ですが、それでも経験者ゆえなのか近年の大倉さんがドラムを叩いている姿を見ると、この人がどれだけ努力をしているかが嫌でも分かってしまう。

そして、この人はこれまでどれだけの努力を重ねて今の位置まで這い上がってきたのか思いを馳せてしまう。

そういう、過程に対しての評価ってエンターティメントを楽しむ上においては必要ないと思っているんですけどね。何より忠義もそういう考えなんじゃないかなぁと思っている。ファンの前ではいつも涼しい顔をしているもの。

だからなのか。あの飄々とした表情の裏に潜む“野心”という熱を想像するだけで何とも言えない気持ちを抱き、キュンと胸が締め付けられるのは忠義くらい。

 

不思議な人だよなぁ。そのクールだけど芯に熱を帯びている感じが、この独特の色気に繋がってるのかもなぁと思ったり。

色々やらかすこともあるけれど(笑)

この人を担当にしたら面白いだろうなぁという気持ちは今も変わらずにある。

f:id:yuki922:20150515215910j:plain

でもね、なれないんだ。

だから私はこの距離で、これからも貴方を見続けます。

そして、今後も関ジャニ∞をよろしくお願いします。

たーくんの笑顔が大好き!

素敵な一年になりますように!

2015.5.16 ユウキ